誰かの助けになる「絵」

0

    人ってめちゃくちゃたくさん居るな。

    って、毎日接客の仕事をしていると、思います。

     

    これだけの人が居て、この中で何人の人が「絵」にお金を出すだろうか。

    ちょっとそんな風に考えます。

     

    みんな、自分を助けてくれるモノを探しています。

    自分を助けてくれる人を探しています。

     

    って何かの本にありました。

     

    ギャラリーで働いていて、「絵」って何の助けになるかよくわからなくなったのです。

    この便利な雑貨と同じくらい、このお客様を助けられるかと考えて。

     

    でも私が「絵」を毎日見て幸せになるし…

    これだけ人が居れば、自分で自覚してないニーズってあるわけで。

    そこに気づいて提供していくことが出来れば、「絵」だって助けになれるかな。

     

    メモのはじっこに描かれたゆるーい絵にほっこりとか

    可愛い美少女見て癒されるとか

    男同士のいちゃいちゃ絵見て現実逃避出来て幸せとか

    よくあるよね。うん。

     

    そう考えると、すっごい絵じゃなくてもいい。

    すっごい絵で助けられるとは一概には言えないんだから

    すっごい絵の描けない私だって、誰かの助けになって、役に立てることはあるよね。

    希望をもって描けたらいいなあ。

     

     

    JUGEMテーマ:ひとりごと


    コメント
    コメントする








       

         

    categories

    work

    【商用利用可】水彩タッチのイラストを描きます! あなたのイラストにアドバイスします!

    online store

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM